だて整形外科リハビリテーションクリニック

リハビリテーション rehabilitation

当院のリハビリについてのご案内です。

「地域に根ざした」
リハビリテーションを

当クリニックでは現在、理学療法士が3名勤務しています。
その方の生活を再建するため、専門の知識や技術を生かし、笑顔で元気に一人ひとりの患者さまのリハビリ治療のお手伝いをさせていただいています。
クリニックでのリハビリは、物理療法(ホットパックや低周波治療など)と、マンツーマンの個別リハビリを行っています。
患者さまの個別リハビリのニーズに対応するため、年内には5人体制(理学療法士4名・作業療法士1名)の予定です。

なお個別リハビリは完全予約制になっています。リハビリ治療の際には医師の診察を受けてからとなります。

リハビリテーション

また、セラピストの認定取得免許や各学会などの積極的な参加も行っています。

  • Certified Mulligan Practitioner
  • Red Cord trainer
  • GYMSTICK MUSCLE trainer
  • International Schroth Scoliosis therapist
  • KINESIO TAPING CKTT
  • 国際エロンゲ―ショントレーニング指導者
  • 日本糖尿病療養指導士
  • やまぐち糖尿病療養指導士
  • 地域包括ケア推進リーダー
  • 介護予防推進リーダー
  • 山口県介護予防 PT・OT・ST 指導者
  • 住環境福祉コーディネーター2級
  • BLSプロバイダー(一次救命措置)
  • PEARSプロバイダー(小児救急 評価・認識・病態安定化)
  • ACLSプロバイダー(二次救命措置)

当クリニックの医師2名は日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医です。

物理療法とリハビリテーションの比較

  物理療法のみ リハビリテーション
予約 いらない 必要
時間 10分程度 20~40分
理学療法士・作業療法士による
マンツーマン対応
×
関節可動域訓練 ×
筋力強化 部分的 指導のもと全身的に可能
InBody(筋量)測定 有料 無料
期間 特になし 発症日・または診断日から150日間

新しい機器のご案内

新機種の導入+運動器リハビリで、より多くの症状に対応できるようになりました。

ショックマスター

超音波治療器

lnBody770型

lnBody770型は「体成分分析装置」といって筋肉量や体の水分量などを測ることができます。 またSMI(骨格筋量指数)の測定が可能なので、加齢が原因で筋力が減少する「サルコペニア」のリスクがある方におすすめです!

SMI基準値
男性 7.0Kg/㎡以下
女性 5.7Kg/㎡以下

SMI(骨格筋量指数)が基準以下の場合、サルコペニアの可能性があります。

筋肉量・たんぱく量

  • 細胞の栄養状態評価
  • 筋肉量の測定
  • 左右上下肢4カ所測定
  • バランス評価

体脂肪量

筋肉と体脂肪のパランスをみます。 ミネラル量や体脂肪を正確に測定することで、理想の筋肉量を算出します。

ミネラル量

ミネラルの80%は骨にあり 、不足すると骨折のリスクが高まリます。骨密度測定と絹み合わせて治療計画を立てます。

体水分量

  • 細胞内と細胞外の水分量
  • 浮腫
  • サルコペニアの評価に有用
測定は1回500円。
6枚綴りで、2,500円。1回分お得です。
月に1回の測定をおすすめしています。