だて整形外科リハビリテーションクリニック

交通事故 traffic_accident

交通事故治療についてのご案内です。

もしも交通事故にあってしまったら…?

いつ・どこで自分の身に起こるか分からない、それが交通事故です。もちろん、起こらないことが一番ですが、もしも、事故にあってしまったら…?
万が一の場合に備え、交通事故にあった後の対処法、交通事故の診療の流れやよくある質問を紹介していきます。

交通事故にあったら

交通事故にあったら1

1警察へ連絡

ケガをした場合は治療が最優先ですが、速やかに警察に連絡しましょう。

交通事故にあったら2

2保険会社へ連絡

医療機関に受診する際、保険会社から医療機関に連絡がない場合、治療費を負担していただく場合があります。

交通事故にあったら3

3医療機関に受診

事故直後に症状がなくても、後から症状が出てくることがあります。事故後は速やかに医療機関を受診しましょう。

交通事故後治療の通い方

交通事故後の通い方1 交通事故後の通い方2 交通事故後の通い方5
交通事故後の通い方3
交通事故後の通い方4

交通事故後の治療は初期治療が肝心!
特に最初の2か月間は治療の反応しやすい時期です。
痛みが完全になくなるまでは、内服薬を指示通りに内服しましょう。

※全ての方に当てはまるわけではありません。

交通事故の診療の流れ

1問診

  • 用紙へ記入
  • 服用薬など確認

2検査

  • レントゲン
  • 超音波検査

※MRIやCTが必要な場合は、紹介させていただきます。

3診察

  • 医師の診察
  • 診断書が必要な場合は作成します

4リハビリ

  • 理学療法士・作業療法士による施術
  • 物理療法

運動器リハビリ(ストレッチ・筋力強化 他)

理学療法士作業療法士個々に適したリハビリプランを立案し、治療していきます。

5投薬

  • 内服薬
  • 外用薬(湿布)

交通事故Q&A

Q. リハビリの予約が取れないときは、通院できないのでしょうか?

A. 予約が取れない日は、物理療法(電気治療)だけ でも構いませんので、こまめに通院しましょう。

Q. 電気治療(物理療法)でもよいでしょうか?

A. 理学療法士や作業療法士によるリハビリでは、傷ついた組織を修復するマイクロカレント療法や神経痛やしびれに効果があるハイボルテージ治療があります。物理療法とリハビリを併用することで、早期に痛みをゼロに近づけましょう!

Q. 痛みが軽くなったので、痛み止めを自分の判断でやめたり、痛いときだけ内服する方法に変更してもよいでしょうか?

A. 痛み止めに頼りたくないお気持ちはよくわかりますが、組織の炎症によって痛みは起こります。痛み止めや注射、リハビリを総動員して、最初の2ヶ月のうちに炎症を抑えることが重要です。痛みがゼロになるまでは、1日2~3回の定期内服を強くお勧めしています。

Q. 自賠責保険によって賄われる慰謝料はいくらですか?

A. 自賠責保険で賄われる部分は、原則として、1日につき4,200円×通院実日数の金額となります。