だて整形外科リハビリテーションクリニック

足の外科 foot-surgery

足に関する症状について
ご紹介いたします。

足の外科のご案内

足関節捻挫

捻挫は、⽇常⽣活やスポーツなどの最中に⾜⾸を捻ることで⽣じます。
⾜⾸を捻った際に、軽症な場合は⼀時的な痛みだけで済みますが、靭帯が断裂したり、部分的に損傷していたりすることがあります。

靭帯が損傷や断裂をしていても、歩くことが可能な場合が多いため、適切な処置・治療をせずに放置することが多いです。しかし、靭帯の断裂をそのまま放置してしまうと⾜⾸の関節が不安定な状態(⾜関節不安定症)になり戻らなくなってしまうことがあります。

捻挫といって軽視せずに、初期の適切な処置や治療が⼤切です。

病態

捻挫にも重症度の分類があります。Ⅰ度〜Ⅲ度で分類され、それぞれの症状によって対応が異なります。

Ⅰ度

靱帯にちいさな損傷がある。
数⽇でスポーツへの復帰が可能な状態です。

Ⅱ度

靱帯に部分断裂が起きている。
腫れや圧痛がある状態で、スポーツの復帰には2週間以上要します。靭帯に負担をかけないよう、テーピングや装具による固定が必要となります。

Ⅲ度

靱帯が完全に断裂している。
腫れや圧痛、⽪下出⾎が強い状態です。断裂靱帯の縫合⼿術が必要になり、リハビリをしながらスポーツへの復帰にも数か⽉要します。

足首の構造

足首の構造

診断

⾜⾸には前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯の3つの靱帯が外側にあります。
捻挫で⼿術の対象と多くなるのが、前距腓靭帯の単独断裂や前距腓靭帯と踵腓靭帯の複合断裂です。

当院ではより正確な診断のためエコーを⽤いて詳細な画像評価を⾏います。

足首のエコー画像

エコーでの画像

治療

初期の治療

受傷してすぐの処置が大切です。
RICE処置の流れに沿って処置をしていきます。

RICE処置とは・・・

処置の流れに関して英語の頭⽂字をとった総称です。

  • Rest:安静 捻挫した⾜⾸を固定します。
  • Icing:冷却 冷やして腫れを抑えます。(保冷剤や氷嚢などを使うとよいです)
  • Compression:圧迫 包帯などで圧迫することで、腫れを防ぎます。(締めすぎには注意が必要です)
  • Elevation:挙上 捻挫した側の⾜を⾼くして腫れを防ぎます。(⼼臓より⾼い位置にすると効果的です)

RICE処置を早急に⾏うことは⼤切ですが、⾃分たちでの対応が難しい場合などは、早めに医療機関でやってもらいましょう。

捻挫の重症度がⅢ度であった場合の治療

靭帯が断裂している状態であればしばらくの間の安静・治療が必要です。
装具(ギプス、シーネなど)による固定を数週間⾏います。
固定を続けていると関節が固くなったり、靭帯がうまく修復されなかったりなどの懸念があります。そのため、理学療法⼠によって、⾜⾸の関節の柔軟性改善や筋⼒改善のためのリハビリを⾏います。
捻挫といって軽視せず適切な治療をすることが⼤切です。