だて整形外科リハビリテーションクリニック

院長ブログ weblog


股関節鏡研究会

2018/09/02

今日はに行ってきました。

運動器エコーの第一人者、秋田市内にある城東整形の皆川先生のお話を聞けました。

昨年、皆川先生のところに見学させていただき、大変お世話になりました。

当院でも、エコー使用下に、股関節の関節注射や外側大腿皮神経ブロック、仙腸関節ブロックなどを積極的に行なっています。

股関節痛、臀部痛でお悩みの方は一度、ご来院いただければと思います


セミナー参加

2018/08/29

【先を見据えた骨粗鬆診療】
          という講演を聞いてきました。
・糖尿病の方は骨密度が高くても、骨質(骨の質)が下がっているため、骨折しやすい
・特に病歴が長い方は骨質がよくない...
・当院では、密度骨だけではなく、骨マーカーを測定し、骨質の参考にしています。
(骨形成マーカー:骨を作る指標 骨吸収マーカー:骨が壊れる指標など)
・糖尿病の方で、一度も骨粗鬆症の検査をされていない方は、ぜひ検査をしてみましょう。

 

セミナー参加

2018/08/29

先日、JAK forumというリウマチのセミナーに参加しました。

リウマチの治療はどんどん進化しており、特に2000年代に入って日本でも使用され始めた生物学的製剤(バイオ製剤)がその進歩に寄与しています。

しかし、そういったバイオ製剤を何種類使用してもなかなかリウマチが良くならない(コントロールが不良)方もおられます。

そういった方にJAK阻害剤と呼ばれる内服剤が効果が出た方が当院でもおられます。

特徴は
1.効果発現が速い
2.内服製剤(バイオ製剤は注射が多い)
ということが挙げられます。
デメリットは
1.どのバイオ製剤でも言えますが、感染症(肺炎など)のリスクがある(重篤感染 3.11%)
2.帯状疱疹のリスクがある (3.59%)

実際に多数のJAK阻害剤を使用されている先生の話を聞くことができて、非常に勉強になりました。
明日からの診療に生かしていきたいと思います。


内覧会情報

2018/08/21

30歳をすぎると、徐々に筋肉量が落ちてきます。

特に60歳を超えると年間で1%ずつ筋肉が落ちると言われています。
適切な運動療法を行い、筋肉を維持することが寝たきり予防の第一歩です。
今度の内覧会にご参加いただいたい方は、希望に応じてINBODYという測定器で筋肉量、体の水分量を測定できます。通常は有料ですが、今回は無料で測定していただけます。この機会に測定してみてはいかがでしょうか?